ダイエットサプリランキング

サプリメントと併用を避けたい薬

サプリメントと薬を併用すると効果が半減することや
副作用がでることがあります。

薬を服用していてサプリメントを摂りたいときは
かかりつけ医などに相談しましょう

頭痛、発熱の薬
バファリンなどピリン系の薬。ビタミンEやEPA・DHAの併用

血栓症を起こしやすい不整脈や狭心症の薬
出血がとまりにくくなるのでビタミンKには注意

胃潰瘍の薬
カルシウムやマグネシウムを含む健胃薬を飲んでる人は
ビタミンDの摂り過ぎに注意。

感染症の薬
テトラサイクリン系のミノマイシンやニューキノロン系の
抗生物質を
服用している時はカルシウムやマグネシウムの併用は注意しましょう、
薬の吸収を妨害することも

心臓病の薬
ジギタリス系の心臓薬で中毒が指摘されているものは
カルシウム、ビタミンDとの併用に注意

など

ビタミン・レシチン・ファイバー・プロテイン補給法

ビタミン補給
水溶性のビタミンCやB群は、代謝が早いので
夕食時がおすすめでしょうか

脂溶性のビタミン(DやE)は過剰摂取に注意して
朝一回


レシチン
夕食時がおすすめ


ファイバー
毎食採る事が理想
1日の目標値は、4〜9グラム


プロテイン
朝に牛乳やヨーグルトに混ぜて補給するのが一般的
スポーツ選手などは、夕方のほうが筋肉がつきやすい

ダイエットサプリメント飲み方

水道水よりも浄水器の水やミネラルウォーターで
飲む方をおすすめします。

というのも水道水の中には殺菌を殺す塩素が含まれていて
この塩素がビタミンあたりを破壊する可能性があります。

ダイエットサプリメントの中にも
ビタミンが成分に含まれていることも多いのでこのような注意が必要です

また、サプリメントと薬の飲み合わせも基本的にやめましょう
万が一の副作用に見舞われない為にも

薬の併用は、念のために医師や薬剤師に確認要
薬の中にはビタミンを破壊する胃腸薬や抗生物質も含みます

ビタミンA・ビタミンD・ビタミンE

ビタミンAやビタミンDやビタミンEは、脂肪に溶けやすい
別名、脂溶性ビタミンと呼ばれています。

この脂溶性のビタミンは、過剰に採ると脂肪に蓄積されます
その結果、胃もたれや湿疹を起こす事も

ちなみにビタミンCやビタミンB群は、
水性ビタミンなので尿など排出されます。

過剰な摂取は、要注意です。

ミネラル摂取

ミネラルの過不足も困りものですが、
サプリメントなどで過剰摂取も問題があります。

特にミネラルの過剰摂取に注意。
ビタミンの多くは化合物で我々の体の中で分解できますが

ミネラルは元素そのものなのでこれ以上分解できません
その為、体内に蓄積されて過剰症を起こしやすいといわれています。
タグ:ミネラル

ハーブ系サプリメント

ハーブ系サプリメントって
最近、よく目に見るハーブ系サプリメント

ハーブ系サプリメントには、ビタミンしか持ち合わせていないので
代謝に関わる生理作用は、全くありません

という事は、人の健康を維持していくうえでの優先度は
ビタミンよりもはるかに下なのです。

ハーブ多用しているサプリメントは
ちょっと注意してみましょう

代謝について

代謝や新陳代謝は、ダイエットとの関わりがある
新陳代謝に必要な主は、

ビタミン、ミネラル、たんぱく質で
髪の毛や爪や筋肉も骨も血液もホルモンも

この3大要素がメインで日々作り続けられている
疎かには出来ません

エネルギー代謝の主は、炭水化物(糖質)とビタミン。
体の各細胞には、ブドウ糖をビタミンを使って燃焼させ

エネルギーに代える解糖系というシステムがあり
このおかげで体を動かし続けることができます。

満遍なくとる必要があります
食物から摂るのが基本で困難な場合は

例えば、マルチビタミンのサプリメントに頼る
マルチビタミンなら満遍なく摂れる



ビタミンが大切

ダイエットをするにもダイエットサプリをとるにも
何にもなくてもビタミンが大切です。

体の基本ができていなければ
何でもうまくいきません

ビタミン13種類が揃って
エネルギーや体の細胞を作るという

代謝が可能だということです。
ここからがポイントで

このビタミンは万遍なく摂ることが重要です

例えばビタミンB1だけ欠陥すると
全ての力が発揮されません

一番いいのは
日々の食生活で効果的に吸収するです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。