ダイエットサプリランキング

脂肪が燃え始めたサイン

歩いたり運動で体脂肪が燃え始めるまで
だいたい、20分かかるといわれています
(この間にやめてしまわないでね)


脂肪が燃え始めたなーっていうサインは
体が温かくなってきたら、サインがきたんです

痩せる方程式

ダイエットでまず考えなければいけないのは
見た目の体重や痩せたりしても体脂肪率が増えていれば何の意味もないってことです。

もう少し詳しく言えば
たんぱく質の合成能力を上げるのです

サプリメントとしてはプロテインとマルチビタミンを基本
プロテインは運動直後や夕食時

次にダイエットで筋肉運動と有酸素運動は要です
なぜ筋肉が必要か?

・脂肪は筋肉で燃焼される
・筋肉をつけるだけで基礎代謝量が増え消費エネルギーが増大

・筋肉をつけた状態でする有酸素運動は、筋肉が落ちた状態とでは、同じ量の運動でも筋肉をつけた方がエネルギーの消費が大きい

・有酸素運動で痛めやすいひざや腰の関節を
保護できるので有酸素運動の継続がよりやすくなる

このようなことにより筋肉が不可欠になります
ということは

筋肉をつける→有酸素運動開始って感じでしょうか

この筋肉の重要性を説いてきましたが
筋肉の材料は、プロテイン・ビタミン・ミネラルなので食事や有酸素運動が大切ですね

ダイエットの弊害

ダイエットがうまくいっても失敗しても弊害があるかもしれません
例えば、食事の量を減らせば単純計算で

ビタミンやミネラルの量も減る事を
確認しておきましょう

わたしたちの体にビタミンやミネラルは
重要でダイエットにもビタミンは不可欠

ということは、
むやみに食事の制限すれば筋肉と骨が減って脂肪がつき体脂肪率が増加する恐れも

体脂肪率が上がれば生活習慣病になる可能性もUPします
安易なダイエットが身体を脅かす病気を呼び込むことも

また、ダイエットに失敗して
我慢しきれず元の食生活に戻ってしまった。しかし、

以前のようにビタミンのエネルギーが代謝できなくなっている可能性があります。
それはエネルギーの出し口である筋肉が減ってしまっているからです。

これが
リバウンドで太るというメカニズム

ダイエットも準備が必要なのかもしれません
ビタミンやミネラルが不足しない食生活など

絶食

絶食は体重を落とすだけなら相当な威力を発揮しそうですが
それでOKという単純な話ではないようです。

医者によれば血液成分の異常が起こりやすく
ケトーシスという脂肪酸が血液中に増えてきます。

これは重症の糖尿病患者が最後に昏睡状態に陥るのと
同じような深刻な状態が絶食療法によって起こってしまうとのこと

同時に痛風や動脈硬化を進めてしまう可能性もあり
1人ではやめよう長期の絶食

絶食は慎重に!!

急激に痩せるのは

短期間で痩せるには慎重にと思います
ダイエットの基本は長期スタンスで

急激に体重を落とすと肌荒れや動悸、めまい、
息切れ、生理不順や無月経などなる可能性があります。

脂肪を効率よく燃やす

脂肪を効率よく燃やす運動は有酸素運動です
運動によって、最初にエネルギーとして消費されるのは

血液中の糖分と筋肉や肝臓に蓄えられているグリコーゲンという糖質
これらが燃焼されるとやがて体脂肪が燃え始めます

時間で大体運動しだして20分後
この時体脂肪が燃えるためには大量の酸素が必要で

体内に多くの酸素を呼び込めるのが有酸素運動という事になります。
代表的な有酸素運動がウォーキングやジョキング、

水泳、エアロビクスなどがありますが
激しい運動ではなく自分のペースを保ちながら

長く続ける事が出来るので手軽にできるダイエットにどうぞ
強すぎる運動では体脂肪は燃えないようですよ
タグ:脂肪燃やす

性格を考える

ダイエットと性格
一見接点がないようだけど、実は。。

おおらかで社交的な人は、ついつい人付き合いがよく
ついつい愛想がよく食べてしまう

逆に人付き合いが得意ではない人も
寂しさを紛らわしたりついつい食べ物に手が伸びて太る場合があるようです。

また、趣味が少なく食べる事が唯一の楽しみだったり(年配者に多い)
太ることと性格やその心理的な問題が関わっている事も多いのではと推測します

もし太った場合、因果関係を探るため
性格や仕事や環境を分析する事がダイエットの近道かもしれませんね

リンパの流れ

厳しい暑さや冷房による体の冷え、疲れがたまりやすい季節は、
筋肉の動きが鈍く、リンパの流れも悪くなります。

血液やリンパの流れの悪いところから脂肪がついてくる為、
ダイエット的にも見逃せないです

こんな時期は
リンパマッサージで乗り切りましょう

風呂あがりの血流が良いときがおすすめで
太ももの付け根、わきの下、鎖骨部にあるリンパ液の流れを良くしましょう
タグ:リンパ

油脂

油は過剰にとりすぎると太ったり、健康を害することもあるのですが
逆に、不足すると皮膚が荒れたり欠乏症になる場合もあります

なので、ほどほどに必要なもので
揚げ物にはサラダ油、パスタにはオリーブ油、

炒め物にはゴマ油と料理によって使い分ける事がよかったりします
肉や乳製品のような見えない油を含め満遍なく適量を食べるのが基本です


お酒のお供に

お酒のお供におすすめなのは、
キノコ類や海藻類です。

細胞を生きかえさせる働きがある
トレハロースという糖が含まれていて

低カロリーという
優れた食品だからです
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。